トップページ > 関連イベント > 全国文学館協議会共同展示 3.11 文学館からのメッセージ「田辺聖子と被災地伊丹」開催のお知らせ(17.3.1-4.15)

関連イベント

2017.2.15 全国文学館協議会共同展示 3.11 文学館からのメッセージ「田辺聖子と被災地伊丹」開催のお知らせ(17.3.1-4.15)

全国文学館協議会が2013年3月から開催してきた共同展示「3.11 文学館からのメッセージ」は、今年で5回目となりました。今年は全国30館で開催される本共同展示に本館も参加し、企画展「田辺聖子と被災地伊丹」を開催いたします。
伊丹在住の田辺聖子さんは、1995年の阪神淡路大震災で被災されています。今回の展示では、被災者として、この災害を後世に伝えていくことに力を注いできた田辺聖子さんの震災記『ナンギやけれど……』をはじめとするエッセイなどとともに、伊丹市(伊丹市立図書館ことば蔵)からお借りした資料―被災の様子や復興の動きなど、被災地で残された貴重な記録などに関する資料―を展示します。是非、ご来館下さい。
*大阪樟蔭女子大学と伊丹市は2009年に図書館等の連携に関する協定を結んでいます。

このページのトップへ