トップページ > 田辺聖子文学館ジュニア文学賞

田辺聖子文学館ジュニア文学賞

本ジュニア文学賞は、青少年の読書・文化活動の発展・向上に寄与することを目的に、中学生・高校生を対象として、小説・エッセイ・読書体験記の作品を募集、優秀な作品を表彰する活動を平成20年より行っております。

ジュニア文学賞の歩み

第11回 田辺聖子文学館ジュニア文学賞

書くって楽しい。表現するっておもしろい。

「田辺聖子文学館ジュニア文学賞」は審査委員に、 文化勲章受章作家 田辺聖子先生(昭和22年樟蔭女子専門学校国文科卒業)、 作家 林真理子・小川洋子両先生を迎え、大阪樟蔭女子大学 田辺聖子文学館が主催する文学賞です。

中学生・高校生のみなさんのご応募をお待ちしています。

 

第11回 田辺聖子文学館ジュニア文学賞入賞作品紹介

■主催 大阪樟蔭女子大学田辺聖子文学館
■共催 (公財)文字・活字文化推進機構 / (一財)出版文化産業振興財団 / 大阪樟蔭女子大学
■後援 文部科学省



第11回田辺聖子文学館ジュニア文学賞に中学生・高校生のみなさんからたくさんのご応募をいただきました。
応募総数3,120作品の中から審査の結果、36作品の入賞を決定いたしました。

第11回 田辺聖子文学館ジュニア文学賞 選考委員

審査委員長
中西  進 (田辺聖子文学館館長 高志の国文学館館長 文化勲章受章)

≪田辺聖子賞≫ 選考
田辺 聖子  (作家 芥川賞受賞 文化勲章受章)

[小説] 選考長
中学生の部: 林 真理子  (作家 直木賞受賞)   [講評]
高校生の部: 小川 洋子  (作家 芥川賞受賞)   [講評]

[エッセイ] 選考長
中学生の部: 林 真理子  (作家 直木賞受賞)   [講評]
高校生の部: 小川 洋子  (作家 芥川賞受賞)   [講評]

[読書体験記] 選考長
中学生の部: 中西  進  (田辺聖子文学館館長 高志の国文学館館長 文化勲章受章)  [講評]
高校生の部: 中西  進  (田辺聖子文学館館長 高志の国文学館館長 文化勲章受章)  [講評]
 

このページのトップへ

■田辺聖子賞
都道府県 学校名 学年 氏名 部門・作品名(書名) 内容

中学生の部

神奈川県

フェリス女学院中学校

佐藤 るりか

小説
不器用

入賞作品

高校生の部

東京都

女子学院高等学校

伊東 朋香

読書体験記
太郎の恋が実るまで…
(栗原美和子 『太郎が恋をする頃までには…』

入賞作品

このページのトップへ

■小説部門
中学生の部応募数 428
都道府県 学校名 学年 氏名 作品名 内容

最優秀賞

神奈川県

フェリス女学院中学校

佐藤 るりか
【田辺聖子賞】

不器用

入賞作品

優秀賞

東京都

田園調布学園中等部

百木 優理亜

かこうりや

入賞作品

優秀賞

東京都

東京都立両国高等学校附属中学校

宮村 蒔恵

蒼い蛍

入賞作品

佳 作

滋賀県

栗東市立栗東西中学校

大崎 朋菜

一生の幸せ

入賞作品

佳 作

神奈川県 慶應義塾普通部

水鳥 俊 カエルは月夜に眠る 入賞作品

佳 作

北海道 喜茂別町立喜茂別中学校

山本 芽依 響け 入賞作品
高校生の部 応募数 97
都道府県 学校名 学年 氏名 作品名 内容

最優秀賞

岐阜県

岐阜県立大垣北高等学校

吉川 結衣

ブラジル人のミラクルビラ配り

入賞作品

優秀賞

埼玉県
埼玉県立浦和第一女子高等学校

中田 結菜
名のない旅
入賞作品

優秀賞

青森県
青森県立青森高等学校

鎌田 陽都
木天蓼、また旅
入賞作品

佳 作

大阪府
大阪府立高津高等学校

松本 唯似
声をかけるまで
入賞作品

佳 作

埼玉県
埼玉県立浦和第一女子高等学校

竹田 祈音花
勿忘草と夜明けの瞳
入賞作品

佳 作

兵庫県
兵庫県立須磨友が丘高等学校

中道 莉帆
未来の色
入賞作品

このページのトップへ

■エッセイ部門
中学生の部 応募数 252
都道府県 学校名 学年 氏名 作品名 内容

最優秀賞

東京都 暁星中学校

藤井 大輝
旅先で考える幼なじみとの日々
入賞作品

優秀賞

兵庫県 関西学院中学部

石井 萌花
みっちゃん
入賞作品

優秀賞

奈良県 奈良県立青翔中学校

大家 衣濃理 愛を知らせるポッポちゃん
入賞作品

佳 作

東京都 暁星中学校

岩元 伊吹 父から学んだこと 入賞作品

佳 作

長野県 信州大学教育学部附属長野中学校

東田 悠花 母の笑顔 入賞作品

佳 作

東京都 女子学院中学校

光久 文乃 一番おちつく場所 入賞作品
高校生の部 応募数 184
都道府県 学校名 学年 氏名 作品名 内容

最優秀賞

宮崎県 宮崎県立宮崎西高等学校

上村 萌々香 田舎で暮らす 入賞作品

優秀賞

兵庫県 兵庫県立須磨友が丘高等学校

小林 由佳 おじいちゃん 入賞作品

優秀賞

東京都 白百合学園高等学校

富田 紗英 話す相手はどこに 入賞作品

佳 作

ドイツ ケルン日本語補習授業校

今西 マチルダ 夏の音 入賞作品

佳 作

岩手県 岩手県立盛岡第三高等学校

國﨑 萌子 カノンと可能性 入賞作品

佳 作

兵庫県 兵庫県立須磨友が丘高等学校

山本 百恵 お姉ちゃん生活 入賞作品

このページのトップへ

■読書体験記部門
中学生の部 応募数 1,247
都道府県 学校名 学年 氏名 作品名(書名) 内容

最優秀賞

大阪府 大阪教育大学附属平野中学校

永吉 真果 真の美
(吉田桃子『ラブリィ!』)
入賞作品

優秀賞

兵庫県 甲南女子中学校

西 美優羽 夏の庭
(湯本香樹実『夏の庭The Friends』)
入賞作品

優秀賞

埼玉県 さいたま市立三室中学校

癸生川 怜花 吃音ではなく、言葉を聞いて
(椎野直弥 『僕は上手にしゃべれない』)
入賞作品

佳 作

滋賀県 大津市立粟津中学校

森岡 麻衣 私が本を読む理由
(夏川草介 『本を守ろうとする猫の話』)
入賞作品

佳 作

奈良県 奈良県立青翔中学校

大家 衣穂理 思いを綴る
(宮崎亮・勝村謙司 『こころの作文』)
入賞作品

佳 作

東京都 学習院女子中等科

青木 友香 まず自分が変わる
(R ・J ・パラシオ 『ワンダー』)
入賞作品
高校生の部 応募数 912
都道府県 学校名 学年 氏名 作品名(書名) 内容

最優秀賞

東京都 女子学院高等学校

伊東 朋香
【田辺聖子賞】
太郎の恋が実るまで… 
入賞作品

優秀賞

東京都 女子学院高等学校

宮島 梧子 反比例と青春
(綿矢りさ『蹴りたい背中』)
入賞作品

優秀賞

福井県 福井県立藤島高等学校

森 文香 子育てを子ども側から見てみた
(榎本博明『ほめると子どもはダメになる』)
入賞作品

佳 作

富山県 富山県立砺波高等学校

松山 幸世 もしも死者に再会したら
(辻村深月『ツナグ』)
入賞作品

佳 作

東京都 学習院女子高等科

齋藤 睦美 変身のリアリティ
(カフカ『変身』)
入賞作品

佳 作

東京都 田園調布学園高等部

渡辺 優香里 『白磁の人』を読んで
(江宮隆之『白磁の人』)
入賞作品

このページのトップへ

■文部科学大臣賞
都道府県 学校名
中学校の部 兵庫県 甲南女子中学校
高等学校の部 兵庫県
兵庫県立須磨友が丘高等学校
■(公財)文字・活字文化推進機構賞
都道府県 学校名
中学校の部 和歌山県 和歌山県立古佐田丘中学校
高等学校の部 兵庫県 兵庫県立加古川東高等学校

応募要項

趣旨

大阪樟蔭女子大学 田辺聖子文学館は、作家田辺聖子に関する研究機関・資料館にとどまらず、表現力豊かな若い世代を育てる教育機関としての役割を担っています。

本ジュニア文学賞は、教育活動の一環として、全国の中学校・高等学校および中学生・高校生の読書・文化活動の発展・向上に寄与することを目的に制定したものです。

応募資格

中学生・高校生/中学校・高等学校

募集部門
【個人賞】  中学生の部/高校生の部

■作品募集部門(中学生の部・高校生の部共通)

部門

規定

小説

1人1篇  400字詰め原稿用紙 20枚まで

エッセイ

1人1篇  400字詰め原稿用紙  5枚まで

読書体験記

1人1篇  400字詰め原稿用紙  5枚まで

個人賞応募票」に必要事項を記入し、作品(原稿用紙)に付けてご応募ください。

※ 読書体験記は、最近読んだ本を通して得たものを書いて応募してください。
(読んだ本の書名・著者名・ISBN(わかる場合のみ記入)を、応募票の所定欄へご記入ください。)

【学校賞】  中学校の部/高等学校の部

学校としての読書・文化活動全般への取組み、および本ジュニア文学賞への取組み・成果を対象とします。
学校賞応募票」に必要事項を記入してご応募ください。

※ ご応募にあたっては個人作品ごとに「個人賞応募票」を付け、学校単位で応募部門ごとに応募作品をまとめ、
「学校賞応募票」を同梱して一括送付するようお願いします。

※ 中学・高校併設の学校や中高一貫校の場合は、かならず中学生分・高校生分を分けて、別送してください。

作品応募にあたって
  1. 応募作品は自作・オリジナルの、未発表の作品に限ります。(二次創作の作品は応募できません。)
    一部であっても参考にした、または引用した本や作品(著作物)があるときは、かならず明記してください。
  2. 読書体験記の対象とする本は、一般の書店で入手が可能な(または過去そうであった)ものに限ります。
    (それ以外の文芸作品は確認ができないため、対象外とします。)
  3. 400字詰め原稿用紙(A4判・縦書き)を使用し、各ページにページ数を入れてください。
    パソコンを使用する場合はA4判用紙に縦書きで1行20字×20行で印刷し、ページ数を入れてください。
  4. 原稿用紙1枚目の1行目に作品タイトルを、2行目(タイトルの次の行)に応募者名を記入してください。
    (所属等は記入しないでください。)
  5. 原稿用紙は、表紙として必ず「個人賞応募票」を付けて、綴じてください。(クリップ・輪ゴムは不可)
    その際、原稿用紙の上側が「個人賞応募票」の上側に来るように重ねてから、「個人賞応募票」の右上をステープラー(ホッチキス)で1か所のみ綴じてください。
  6. 複数の部門に応募する場合は、部門ごとに1枚ずつの「個人賞応募票」が必要です。
  7. 応募作品は原則として返却いたしません。
    必要な場合は、コピーしたものをお手元に残してください。
  8. 入賞作品の著作権は、主催者に帰属します。
  9. 入賞ノミネート作品については、学校を通じて応募者に受賞確認を行います。
    その際に、応募作品の内容が本応募要項に違反していないことを確認し、かつ、受賞作品にかかる著作権が主催者に移転することについて同意いただくために、保護者にもご署名をお願いいたします。

応募票(ダウンロード)
応募締切

2018年10月19日(金)当日消印有効

応募作品の送り先

大阪樟蔭女子大学内 「田辺聖子文学館 ジュニア文学賞」事務室
〒577-8550 東大阪市菱屋西4-2-26
※原稿送付の際には、封筒表面左に「ジュニア文学賞応募原稿」と記入してください。

審査

 

審査委員長

中西 進

(田辺聖子文学館館長 高志の国文学館館長 文化勲章受章)

《田辺聖子賞》

選     考

田辺 聖子

(作家 芥川賞受賞 文化勲章受章)

[中学小説/エッセイ]

選  考  長

林 真理子

(作家 直木賞受賞)

[高校小説/エッセイ]

選  考  長

小川 洋子

(作家 芥川賞受賞)

[読書体験記]

選  考  長

中西 進

 

【個人賞】

田辺聖子賞

各部門の最優秀賞受賞作品の中から、中学生・高校生の部各1篇を選考します。
賞状・表彰盾・3万円分の図書カード・記念品を贈呈します。

最優秀賞

各部門の中学生・高校生の部から各1篇を選考します。
賞状・2万円分の図書カード・記念品を贈呈します。
(但し田辺聖子賞受賞作品は除きます)

優秀賞

各部門の中学生・高校生の部から数篇を選考します。
賞状・1万円の図書カードを贈呈します。

佳作

各部門の中学生・高校生の部から数篇を選考します。
賞状を贈呈します。

【学校賞】

文部科学大臣賞

中学校・高等学校から各1校、読書・文化活動の向上推進に尽くし、特に優秀な成果を挙げた学校を選考します。賞状・表彰盾・『田辺聖子全集』全25巻(集英社)を贈呈します。
( 審査基準 )
応募者数・入賞者数および学校賞応募票の取組み内容・活動概要を勘案して選定します。

( 公財) 文字・
活字文化
推進機構賞

中学校・高等学校から各1校、読書活動の向上推進に尽くし、特に優秀な成果を挙げた学校を選考します。賞状・表彰盾・『田辺聖子全集』全25巻(集英社)を贈呈します。
( 審査基準 )
学校賞応募票の取組み内容・活動概要を重視し、読書体験記部門の応募者数や各部門の入賞者数を勘案して選定します。

審査結果の発表
  • 入賞者には、学校を通じてお知らせします(2019年2月に、学校宛に郵送します)。
  • 本ホームページ上にて発表します。
  • 入賞作品および入賞者氏名・学校・学年を公表します(『第11回 田辺聖子文学館 ジュニア文学賞受賞作品集』
    として出版し、ホームページに掲載します)。

表彰式

2019年3月19日(火)に行います。

その他
  • 審査経過および審査結果に関するお問合せには一切応じません。
  • 「田辺聖子文学館 ジュニア文学賞」への応募によって得た個人情報は、文学賞に係わる業務および本学の教育活動にかかる目的以外には使用しません。また本人の同意がない限り、第三者には一切提供しません。

お問合せ先

大阪樟蔭女子大学内 「田辺聖子文学館 ジュニア文学賞」事務室
〒577-8550  大阪府東大阪市菱屋西4-2-26
Tel. 06-7506-9334  Fax. 06-6723-8387  E-mail  bungakukan@osaka-shoin.ac.jp

このページのトップへ